消費者金融滞納金限度額

中古車買取情報総合サイト

返済期日を過ぎても返済できない場合

消費者金融のカードローンから借入をすれば、当然期日までに返済しなければなりません。仮に、1日でも滞納すると、消費者金融から督促の電話がきます。ただし、貸金業法によって取り立てに対する厳しい規制が掛けられているため、プライバシーなど基本的人権を侵害することはなく、取り立てに来るということは滅多にありません。また、消費者金融としても一人一人の滞納者に手間を掛けるような余裕の無いのが実態です。

  

なお、電話の他に週に1回程度、ハガキによる督促もあります。最初のうちは返済金未納の案内程度ですが、3ヶ月を過ぎる頃になると法的手段という厳しい言葉が使われるようになり、最後には「強制執行予告通知」が送られてきます。

  

しかし、訴訟を起こすと時間と費用が掛かるため、カードローンの残高が相当な額になっていないと、消費者金融は話し合いでの解決を目指します。また、執拗な督促をして債務者に自己破産をされると消費者金融も貸出金の回収ができなくなるため、毎月の返済金額を少なくすることで、打開を図るようにしています。